Event is FINISHED

移住の前のプロジェクト参加?地域への関わり方を探ろう。STAND TOKYO

Description
今年度のSTANDはオンラインでの開催を軸にリニューアルします!
茨城でのプロジェクトや地域に関わる際に必要な考え方を知る時間,
そして,茨城以外の地方でのプロジェクトを知る時間としてゲストをお招きします。


▼タイトル
『移住の前のプロジェクト参加?地域への関わり方を探ろう。』

7月は京都移住計画の藤本さんを迎え、
全国の関係人口と茨城の関係人口プロジェクトの動向についてお話します。
京都でもコロナ禍の中でも
移住イベントを独自にすすめコミュニケーションをとっています。
細やかな対応と参加しやすい雰囲気作りをしている京都の活動をヒントに、
これからの地域への関わり方について議論を深めていきます。

また、茨城県側からは茨城移住計画とともに
企画を進める株式会社リビタの増田さんに登場いただき
どのような想いで茨城の関係人口の入り口作りをしているのかを伺っていきます。
茨城県で進めているif design projectは今年で3期目を迎え、
まさに7月に告知がスタートするタイミング。
これまでの参加者と成果を振り返ります。
また新しく始まった茨城での活動の初動期を応援する
STAND IBARAKIについても、参加方法などお伝えします。

if design project


STAND IBARAKI



-----------
▼日時:
2020年7月16日(木)20:00〜22:00
・20:00〜21:10/第1部 ゲストサロン
・21:10〜22:00/第2部 ゲスト・参加者との交流会(事務局ホスト有)
 別途URLが届きます。


-----------
▼会場:オンライン:zoomウェビナー
(申し込み後、URLがメールにて届きますので、時間になりましたらお入りください。)


-----------
▼参加費:無料。

※耳だけの参加も構いません。

-----------
▼プログラム
【第一部 ゲストサロン】
19:50 準備室オープン:準備動画が流れる予定です。
20:00 オープニング ①stand主旨、②今日のお取り寄せ紹介
20:10 ゲスト紹介2分×2
20:15 茨城ゲスト:茨城の関係人口プロジェクトって?
20:30 県外ゲスト:京都の取り組みと全国の関係人口プロジェクトの傾向って?
20:45 質疑応答
20:55 今後のテーマ説明
21:10 終了(第二部へ移行)


【第二部 茨城サロン 21:10〜】
21:10 茨城での活動紹介/希望ブースの分類
21:15 プロジェクトごとに交流ブース(移動可能/事務局・ゲストが入ります)
22:00  終了

-----------
▼おすすめのイベントのおとも(オンラインショップに飛べます)
1:Paradise beer factory(ビール好きはこちら!)
 https://paradisebeer.jp/shop.html



2:月の井株式会社(今月の日本酒はこちら!)
https://shop.tsukinoi.co.jp/



3:ただいまコーヒー/コーヒー(夜もコーヒー派はこちら!)
 https://tadaima-coffee-online-store.com/


4:茨城県産品お取り寄せサイト (いろいろ選びたい人はこちら)
https://www.ibarakimeisan.jp/  


※今なら2割引きで購入可。

▼お取り寄せは、STAND参加費に含まれておりません。
▼決済・発送は各自でお取り寄せをしてイベント日に乾杯しましょう!
(注)掲載団体と本プロジェクトは関係がなく茨城移住計画が奨めているだけです。




▼ゲストプロフィール1
藤本 和志(株式会社ツナグム/京都移住計画)

東京の人材紹介会社の人事新卒採用を行った後、学生時代を過ごした京都にフィールドを移す。
株式会社ツナグムに所属し「京都移住計画」や「京都移住コンシェルジュ」として京都ならではの「居職住」のライフスタイルを企画提案し、京都と全国をつなげる活動を行う。
その他、地方出身者が多い京都と全国(地方)をつなげる若手県人会コミュニティ「meetslocal」プロジェクトや、京都北部のUIターン者とローカルビジネスをつくる北部7市町連携事業など、官民連携やローカルの事業企画が得意。何事も小さくはじめて、好きなことを事業にしていくタイプ。
趣味は「旅と銭湯とはしご酒」。雑談が好き。

《メッセージ》 
茨城と京都。という共通点がなさそうな場所で、民間と自治体で始める、地方と都市部をつなぎ・関係をつくる移住プロジェクトのこれまでのお話や、今後コロナで再編集が必要な都市と地方のつながり方や企画がどうあったら良いか?を、茨城×京都×○○の参加者のみんなで考えれたら嬉しいです。

「事務局Q:京都から見て全国の移住プロジェクトに変化を感じる?」



▼ゲストプロフィール2
増田亜斗夢

株式会社リビタ チーフコンサルタント。東京工業大学大学院 社会工学専攻を修了後、都市計画コンサルタント事務所にて、地方自治体や国交省、UR等を中心に地域活性化に向けた戦略検討等、50超のプロジェクトを行う。株式会社リビタへ入社後、シェアスペース等の運営業務やコンテンツ企画、遊休不動産の活用企画やなどを地方・都心関わらず行う。茨城県の移住促進事業のプロジェクトマネージャーも務める。

《メッセージ》 
都道府県魅力度ランキング上位を常に走る京都と、常に最下位の茨城。両極端な2つの府県のそれぞれの移住プロジェクトの考え方を通して、その違いや共通項を見出していきながら、移住に限らない、地方の在り方を皆さんで考えていけたら嬉しいです。

「事務局Q:茨城の関係人口プロジェクトの2020年度の特徴って?」


▼ナビゲーター

鈴木高祥

茨城移住計画 共同代表
1981年生まれ。茨城県水戸市出身。株式会社カゼグミ代表取締役。ファシリテーションとソーシャルザインの企画・プロジェクト進行を軸に、「移住」「SDGs」「複業」をテーマに事業をサポート。他、 Think the Earth推進スタッフ、一般社団法人WorkDesignLabパートナー、BUKATSUDO 鍋部部長・おみやげ部部長、他。



【企画・運営】
茨城移住計画
▶︎「お盆とお正月以外に、帰るきっかけをつくる」をテーマに、様々な切り口で移住・Uターンの入り口づくりのデザインを行う。

【主催】
茨城県庁


----------------------------
【STANDコンセプト】

チャレンジのきっかけづくりや初動期の応援をするプロジェクトです。
・STAND TOKYOでは、茨城側のゲストと茨城県外のゲストを招き60分のゲストトークと、交流時間を設けています。毎月1回、耳だけ参加OKなゆるやかな場になりますので、地域への関わり方や、これからの働き方の情報収集の場に活用ください。参加費が茨城のプロジェクトに寄付されるという取り組みも始めました。
・STAND IBARAKIでは、茨城に関わる人を増やすべく、プロジェクトの実行者の応援をしています。
すでに起きていることから、これから起こる地域の取り組みにいち早く出会える場になります。SNSからの応援だけもOKですし、スキルを磨きたい方はぜひ茨城の一員として好きなプロジェクトに参加してみましょう!


【オンラインイベントのお作法】
・ゲストサロン
前半のゲストトークは、事務局+ゲストがリアルタイムにお話しをします。
参加者のみなさんは、チャット/SNSから質疑応答などで参加ください。
参加者同士の画面は見えない形ですので、お気軽にご参加ください。
茨城移住計画おすすめのSTAND飲みセットを注文するか、好きなドリンクを片手に試聴いただけたらと思います。


・茨城サロン
後半の交流会は、参加者とゲスト・事務局との時間になります。
前半のURLとは別になります(申し込み時にお伝えします)。
Zoomのブレイクアウトルームを活用しますが、振り分ける前に各ルームにテーマとテーマオーナーを配置します。参加者の希望をとって各部屋に振り分けますのでご安心ください。
参加者同士の音声がはいりますので、声を発する方は、周りの環境にご配慮ください。
途中抜けは自由にできます。ルームのチャットなども活用ください。

※異業種交流会ではないので、営業目的や宣伝・宗教の勧誘などはお断りいたします。
Thu Jul 16, 2020
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
無料配信チケット FULL
Organizer
茨城移住計画サポートチーム
461 Followers

[PR] Recommended information